射撃残渣の科学捜査
法医学の顕微鏡アプリケーション

射撃残渣の科学捜査

銃器が使われた犯罪現場の再現

科学捜査では、射撃残渣(GSR)を環境粒子と区別して分類し、銃器が使われた犯罪現場を再現します。射撃残渣(GSR)は、雷管や火薬の燃焼残渣や銃弾、カートリッジケース、銃器に由来する粒子を指します。

TiとZnで構成された射撃残渣
TiとZnで構成された射撃残渣
試料:Kantonspolizei Bern

TiとZnで構成された射撃残渣(GSR) - SEM EHT値20 kV 検出器:NTS BSD WD:8.5 mm

試料:Kantonspolizei Bern

TiとZnで構成された射撃残渣(GSR) - SEM EHT値20 kV 検出器:NTS BSD WD:8.5 mm

それぞれのGSR粒子には特有の化学的性質がありますが、鉛、バリウム、アンチモンから構成されることが一般的です。鉛を含まない弾薬(Sintox)のGSR粒子もあります。エネルギー分散型X線分光法を利用した走査型電子顕微鏡を使うことで、ごく僅かなGSR粒子を同定して、各粒子の表面形態と構造を正確に観察することができます。


この記事を共有する

ダウンロード

    • Flyer: Taking a New Look at Forensics

      ZEISS microscope systems for forensic sciences

      ページ: 2
      ファイルサイズ: 1 MB
    • Application Note: Improved Gun Shot Residual Analysis

      Using FIB and EBSD

      ページ: 6
      ファイルサイズ: 922 KB