サービス・サポート

Xradia Ultraのアップグレード

機能を拡張して
耐用年数をさらに長く

アクセサリ

様々な試料に対応する追加の試料ホルダーでお持ちの顕微鏡をアップグレード

試料ホルダー

様々なサイズや種類の試料をしっかりとマウンティング

ZEISSの試料ホルダーは、試料をステージ上に正確かつ繰り返し配置できるよう、運動学的原理に基づいて設計されています。各設計には独自のグリッピングテクニックが使用されており、試料を適切に調整してイメージングすることができます。また、X線イメージングの安定性も実証されています。

メリット:

  • 広範な素材・形状の試料に対応
  • 安定した機械的・熱的マウンティングテクニック
  • 交換が簡単

製品パンフレット

 

ハードウェアとソフトウェア

ZEISSが提供する高度なハードウェアと計算ソフトウェアが、ユーザーエクスペリエンスと解析ワークフローの深化を実現

解析ワークステーション

構成・実証済みのビジュアライゼーションと計算性能

イメージング装置の動作可能時間を維持するため、多くの研究者がセカンダリー分析ワークステーションでワークフローを簡易化したいと考えています。セカンダリーワークステーションは、再構成の最適化、データセットのナビゲーションと可視化、結果の後処理などの追加研究をサポートします。

メリット:

  • イメージングの稼働時間を最大化
  • 結果のスループットが向上
  • 高度なビジュアライゼーションおよび解析ソフトウェアパッケージに対応
  • データストレージを確実に拡張

製品パンフレット

ORS Dragonfly Pro

使いやすい高度な解析・ビジュアライゼーション用ソフトウェアソリューション

ORS Dragonfly Proは、大型3Dグレースケールデータの可視化・解析に対応する、直感的で完全かつカスタム可能なツールキットで、ZEISSが独占的に提供しています。Dragonfly Proでは、3Dデータのナビゲーション、注釈機能、ビデオ制作などのメディアファイル作成が可能です。画像処理、セグメンテーション、オブジェクト解析により、結果を定量化することができます。

メリット:

  • 高精細なグラフィックレンダリング
  • 優れた3Dビデオを作成可能
  • オブジェクト解析
  • 機械学習セグメンテーション
  • 反復的ワークフローのためのマクロ記録
  • Pythonカスタマイズ用ソフトウェアパッケージ

製品パンフレット

トライアル版ソフトウェア

In situ機能のアップグレード

3D X線イメージングの非破壊性を活用し、外部環境の変化によるマイクロ・ナノ構造の移り変わりを調査

Xradia Ultra Load Stage

3D X線イメージングに対応したin situナノメカニカルテスト用ステージ

Xradia Ultra Load Stageでは、独自の方法で、非破壊3Dイメージングによる圧縮、引張、圧痕などのin Situナノメカニカルテストを行うことができます。これにより、50 nmの分解能で負荷をかけた状態で、内部構造の変化を3Dで観察することが可能になります。変形現象や破損が、局所的なナノスケールの特徴とどのように関連しているかを理解しましょう。既存の機械的試験法を補完することで、マルチスケールにおいて挙動に関する洞察を得ることができます。

メリット:

  • 顕微鏡にin situナノメカニカルテスト機能を追加
  • 負荷下で試料の3Dトモグラムを取得(分解能50 nm)
  • 多様なナノメカニカルテストを実施可能
  • 多岐にわたる材料を検査可能
  • 電子顕微鏡、マイクロCTおよびスタンドアローン試験セットアップで機械的試験の結果を補完

製品パンフレット

モジュールとコンポーネント

アドオンとモジュールでお持ちのシステムの機能を拡張

ゼルニケ位相差法

低密度の材料を視覚化し、クラックや界面を強調表示

位相差イメージングは、X線の吸収ではなく、屈折を利用します。これは、密度の近い材料や吸収の少ない材料の界面に非常に敏感です(エッジエンハンスメント)。Xradia Ultraファミリーは、ゼルニケ位相差法を採用しており、対物レンズ後方に位置するビームパスに環状ビームと位相リングを挿入して試料を照射します。位相リングによって、試料で散乱した光より後方に位置する光の位相がシフトします。検出器の2つのビームが干渉することで位相がシフトし、輝度が変化します。

メリット:

  • X線を顕著に吸収しない低密度材料からなる試料をイメージング
  • 試料の微細なクラックや界面を強調表示
  • 吸収と位相差を組み合わせることで、ポリマー、生体材料、セラミックス、複合材料、岩石から金属まで、幅広い材料のイメージングが可能に

システムアップグレード

次のモデルにアップグレードして機器の性能と機能を強化

Xradia 800 UltraからXradia 810 Ultraへ

イメージングスループットが10倍向上

XRMでは、イメージングする材料と使用するX線エネルギーによってコントラストが異なります。Xradia Ultraファミリーは、8 keVの光子エネルギーで動作するXradia 800 Ultraと、5.4 KeVで動作するXradia 810 Ultraで構成されています。一般に、エネルギーの低いX線ほど強く吸収されるため、より高いコントラストを得ることができます。したがって、十分な透過が維持される限り、Xradia 810 Ultraによって画質とスループットが大幅に向上します。密度が高い材料や厚みのある試料を十分に透過するには、Xradia 800 UltraのX線エネルギーを増大させる必要がある場合があります。 

メリット:

  • 密度が低度~中等度の材料でイメージングコントラストとスループットが向上
  • 岩石や象牙質などの素材に対して、同等の画質で10倍のスループット向上を実証済み

製品パンフレット

ZEISS Microscopyへ問い合わせる

お問い合わせ内容をお知らせください。

フォームを読み込み中…

/ 4
次のステップ:
  • ステップ1
  • ステップ2
  • ステップ3
お問い合わせ
必須入力項目
任意入力項目

ZEISSでのデータ処理の詳細につきましては、データプライバシーに関するお知らせをご覧ください