美術館・博物館での修復、保存、展示向け顕微鏡システム
アプリケーション

大切に受け継いできたものを修復、保存、展示するための顕微鏡システム

概要

美術館・博物館でのタスクは、そのコレクションと同様に多様かつ多岐にわたります。美術品やその素材の分析、文化遺産の保護、一般市民への保存科学の魅力紹介など、顕微鏡は、美術館・博物館を特別な空間としてアピールするのに貢献しています。

あなたの役割は、考古学者、古生物学者、歴史家、修復師、科学者、あるいはそれらすべてを兼ねたものかもしれません。どの分野のエキスパートかに関わらず、顕微鏡は美術品やその素材を理解するのに役立ちます。クローズアップして調べることで、その美術品が本物か巧妙な贋作かが明らかになります。

貴重な芸術作品や美術品の価値はその素材にあり、誤った取り扱いを続けると破損の原因となることがあります。顕微鏡は高感度かつ非侵襲で、ほぼ非接触の調査ができるユニークなソリューションであり、デジタルドキュメンテーションに必要なデータが取得できます。観察対象が生きているものかどうかに関わらず、対象のオブジェクトを正しく観察するには優れた光学系が必要です。また、大型のオブジェクトや動かせないものを調べる場合は、持ち運び可能で使いやすいイメージングソリューションが欠かせません。

美術館・博物館には、新たな来館者を集め、興味を引く展示をすることが求められています。その鍵となるのがインタラクティブな体験です。顕微鏡を活用すれば、来館者の好奇心を刺激する体験を提供でき、来館者は小さな生命体やミニチュアの景色などの魅力的な世界に没頭できます。さらに、顕微鏡を通して花やノミ、表面塗料の剥片、金箔のかけらなどの精巧な構造を知る機会が得られます。顕微鏡を特別展示や常設展示とうまく組み合わせることで、今までにない魅惑的な体験を提供することが可能になります。来館者はそれを楽しみに繰り返し訪れることになるでしょう。

保存および修復

保存および修復

美術館・博物館は、美術品や貴重な文化財を身近に感じることができる場所です。すべてのオブジェクト・展示には唯一無二の価値があり、いずれも損傷を受けやすい繊細な状態にあります。その多くは、修復師の熱心な裏方作業のおかげで初めて公開することが可能になります。修復師はオブジェクトの安全を確保し、美術館・博物館の全体的な成功を支える非常に重要な役割を果たしています。美術品の保存と修復には、素材や制作方法に関する深い知識に基づく多彩な技術が必要とされます。

保存に関する倫理への配慮と気配りも欠かせない一方で、修復師の仕事は必ずしも現状維持だけではありません。損傷がひどく、慎重な修復を必要とするオブジェクトもあります。そういったオブジェクトの場合、元の特徴を復元するための最適な方法と素材を調査・分析し、難しい決断を下すことが求められるのです。

美術館・博物館における研究

美術館・博物館における研究

美術館・博物館を特別な存在にするのはコレクションだけではありません。それぞれのオブジェクトの展示は、学芸員の深い知識と、修復師の技術的・科学的専門知識によって可能になります。コレクションの入手、保存、解釈、展示のプロセスは一流の研究に基づいて行われますが、一つひとつのオブジェクトを包括的に理解するには科学的な分析が必要です。そのため、各職員がラボワークをこなす、研究論文をまとめる、助成金を申請するなどの特別な役割を担っています。

オブジェクトの保存や損傷の修理、他の博物館や収集家に対するコンサルテーションの提供、技術面や歴史上の重要な問いの解決など、職員の仕事は美術館・博物館の社会的評価に極めて大きな影響を与えます。ZEISSは光学顕微鏡から電子顕微鏡、X線顕微鏡に至るまで、館内のコアファシリティ向けに機器と総合的なサポートを提供いたします。

オブジェクトとコレクションのデジタル化

オブジェクトとコレクションのデジタル化

美術館・博物館は情報の宝庫ですが、直接訪れることができない人々を含め、誰もがその情報にアクセスできるようにすることが課題となっています。そのための強力な手段となるのがデジタル化です。美術館・博物館はデジタル化によってコレクションを高解像度で複製し、バーチャルコピーとして多彩な形式で世界に発信することができます。また、世界中の研究者がコレクションにアクセスし、バーチャル交流を通じて研究成果を共有することが可能です。

デジタル化にはチーム全体の協力が欠かせません。修復師は個々のオブジェクトの状態をチェックし、デジタル化のための最適な条件を確立する必要があります。最適なデジタル化の手法は、オブジェクトのサイズ、形状、組成によって異なります。絵画、描画、印刷物などの2Dオブジェクトのデジタル化は比較的簡単です。さらに、多くの美術館・博物館が、彫刻や標本などの3D情報を持つオブジェクトの複雑なデジタル化にも挑戦しています。表面の詳細を完全に捉える3Dイメージングでは、バーチャルリアリティ技術により精密な検査を行うことができます。

ZEISSの装置とソフトウェアは、メタ情報のデジタル化にも対応しています。アーカイブや図書館のデータを美術館・博物館のオブジェクトと紐づけることで、研究や教育のための貴重な資源を提供し、来館者にオブジェクトへの理解を深めてもらうことが可能になります。

美術館・博物館における展示

美術館・博物館における展示

美術館・博物館は、美術品や貴重な文化財を身近に感じることができる場所です。すべてのオブジェクト・展示には唯一無二の価値があり、いずれも損傷を受けやすい繊細な状態にあります。その多くは、修復師の熱心な裏方作業のおかげで初めて公開することが可能になります。修復師はオブジェクトの安全を確保し、美術館・博物館の全体的な成功を支える非常に重要な役割を果たしています。美術品の保存と修復には、素材や制作方法に関する深い知識に基づく多彩な技術が必要とされます。

保存に関する倫理への配慮と気配りも欠かせない一方で、修復師の仕事は必ずしも現状維持だけではありません。損傷がひどく、慎重な修復を必要とするオブジェクトもあります。そういったオブジェクトの場合、元の特徴を復元するための最適な方法と素材を調査・分析し、難しい決断を下すことが求められるのです。

ダウンロード

ZEISS Microscopyへのお問い合わせ

お問い合わせ先

フォームを読み込み中…

/ 4
次のステップ:
  • ステップ1
  • ステップ2
  • ステップ3
お問い合わせ
必須入力項目
任意入力項目

ZEISSでのデータ処理の詳細につきましては、データプライバシーに関するお知らせをご覧ください